PythonOpenCVメソッド| cv2.rectangle()

| | | | |

OpenCV-Python —コンピュータビジョンの問題を解決するためのPythonバインディングライブラリです。 cv2。rectangle ()任意の画像のrectangle。

構文: cv2 。 rectangle (image、start_point、end_point、color、thickness)

パラメータ:
画像:これはrectangleが描画されます。
start_point:これはrectangle。座標は、2つの値のタプルとして表されます。つまり、( X 座標値、 Y 座標値)。
end_point: It 長方形の終了座標です。座標は、2つの値のタプルとして表されます。つまり、( X 座標値、 Y 座標値)。
色: It描画する長方形の境界線の色です。 BGR の場合、タプルを渡します。例:青色の場合は(255、0、0)。
厚さ:これは px
のrectangle-method/">rectangle境界線。 -1 px の厚さは、指定された色で長方形の形状を塗りつぶします。

戻り値:画像を返します。

画像は以下のすべての例で使用されます:

例1:


< / p>

#cv2を説明するPythonプログラム。 rectangle ()メソッド


#cv2 import

import cv2


#path

path = r `C:UsersRajnishDesktoppythonengineeringgeeks。 png`


#デフォルトモードで画像を読み取る

画像 = cv2.imread(path)


#名前画像が表示されているウィンドウのサイズ

window_name = `画像`


#ここから座標を開始します(5、 5)
#はの左上隅を表します長方形

start_point = 5 5


#終了座標、ここ(220、22 0)
#は rectangle

end_point = 220 220


#BGRの青色

color = 255 0 0


#線の太さ2 px

厚さ = 2


#cv2を使用します。 rectangle ()
#描画2ピクセル青い境界線のあるrectangle

image = cv2。 rectangle (image、start_point、end_point、color、thickness)


#画像を表示する
cv2.imshow(window_name、image)

出力:

例2:

厚さ-1ピクセルを使用して、長方形を黒で塗りつぶします。


#cv2を説明するPythonプログラム。 rectangle ()method


#cv2 import

import cv2


#path

パス = r `C:UsersRajnishDesktoppythonengineeringgeeks.png`


#グレースケールで画像を読み取る

image = cv2.imread(path、 0


#画像が表示されているウィンドウの名前

window_name = `Image`


#開始座標、ここ(100、50)
#は長方形の左上隅を表します

start_point = 100 50


#終了座標、ここでは(125、80)
#下部を表します- 長方形

end_point = 125 80


#BGRの黒色

color = 0 0 0


#線幅-1 px
#厚さ-1はフォーム全体に入力されます

厚さ = - 1


#cv2を使用します。 rectangle ()met hod
#黒を描画-1 px rectangle < / a>

image = cv2。 rectangle (画像、start_point、end_point、color、thickness)


#画像を表示
cv2.imshow(window_name、image)

出力: