Pythonデータ型

| | | | | | | | | | | |

以下は、標準または組み込みのPythonデータ型です。

  • 数値
  • シーケンスタイプ
  • ブール値
  • インストール
  • 辞書

< / p> 数値

Pythonでは、数値データ型は数値を持つデータを表します。数値は、整数、浮動小数点数、または複素数にすることができます。これらの値は、Pythonでは int float 、および complexクラスとして定義されています。

  • <強い>インタージャー&#8212;この値はintクラスで表されます。正または負の整数が含まれます(小数または小数は含まれません)。 Pythonでは整数の長さに制限はありません。
  • フロート&#8212;この値はfloatクラスで表されます。これは実際の浮動小数点数です。小数点で示されます。オプションで、文字eまたはEの後に正または負の整数を追加して、科学的記数法を示すことができます。
  • 複素数&#8212;複素数は複素数クラスで表されます。 (実数)+(虚数)jとして指定されます。例:&#8212; 2 + 3j

注。 type()関数は、データ型を定義するために使用されます。


のPythonプログラム#数値を表示


a = 5

print "Type of a:" type (a))


b = 5.0

print "タイプb:" タイプ(b))


c = 2 + 4j

print "Type of c:" タイプ(c))

出力: < / p>

タイプ:&lt;クラス`int`&gt; bのタイプ:&lt;クラス`float`&gt; cのタイプ:&lt;クラス`複雑`&gt; 
シーケンスタイプ

Pythonでは、シーケンス&#8212;これは、類似または異なるデータ型の順序付けられたコレクションです。シーケンスを使用すると、複数の値を整理された効率的な方法で保存できます。 Pythonには、いくつかの種類のシーケンスがあります。

  • 文字列
  • リスト
  • タプル

1)文字列

Pythonでは、文字列&#8212 ;これらは、Unicode文字を表すバイトの配列です。文字列&#8212;これは、一重引用符、二重引用符、または三重引用符で囲まれた1つ以上の文字のセットです。 Pythonには文字データ型はありません。文字は長さ1の文字列です。 strクラスで表されます。

文字列の作成
Pythonでの文字列は、単一のコードを使用して作成できます。または二重引用符または三重引用符。



#用のPythonプログラム行を作成


#行を作成
#一重引用符で

String1 = `オタクの世界へようこそ`

print "文字列一重引用符: "

印刷( String1)


#行を作成
#二重引用符付き

St ring1 = "I`ma Geek"

print "二重引用符を使用した文字列:"

print (String1)

print type (String1))


#行を作成する
#三重引用符付き

String1 = 「私はオタクで、オタクの世界に住んでいます

print "トリプルクォートを使用した文字列:"

印刷(String1)

print type (String1) )


#トリプルラインを作成
#引用符は複数行を許可します

String1 = &#39; &#39; &#39;オタク

For

Life ""

print "複数行の文字列の作成:"

print (String1)

終了:

文字列一重引用符の使用:二重引用符を使用したGeeks World Stringへようこそ:I`ma Geek&lt;クラス`str`&gt;トリプルクォートを使用した文字列:私はオタクであり、「オタク」の世界に住んでいます。クラス`str`&gt;複数行の文字列の作成:Geeks For Life 

文字列要素へのアクセス

Pythonでは、文字列内の個々の文字にアクセスできますインデックス作成方法を使用します。インデックス付けにより、負のアドレス参照が行末の文字にアクセスできるようになります。たとえば、-1は最後の文字を示し、-2は最後から2番目の文字を示します。
IndexError範囲外のインデックスにアクセスする場合。インデックス、浮動小数点、またはその他のタイプにより TypeError が発生するため、整数のみが許可されます。



#アクセス用のPythonプログラム
#行文字


String1 = "GeeksForGeeks"

print "Initial String:"

print (String1)


#最初のo文字を出力します

print 「の最初のキャラクター文字列は次のとおりです。"

印刷( String1 [ 0 ])


#最後の文字を出力

print "文字列の最後の文字は次のとおりです:"

print (String1 [ - 1 ])

出力:

初期文字列:GeeksForGeeks文字列の最初の文字は次のとおりです:G文字列の最後の文字s 

文字列からの削除/更新

Pythonでは、文字列からの文字の更新または削除は許可されていません。要素の割り当てまたは文字列からの要素の削除はサポートされていないため、これはエラーをスローします。これは、文字列が不変であるため、一度割り当てられると文字列の要素を変更できないためです。同じ名前に再割り当てできるのは新しい行のみです。


#更新/削除するPythonプログラム
#行文字


String1 = "Hello、I`ma Geek"

print "Initial String:"

print (String1)


#文字の更新
#行

String1 [ 2 ] = `p`

print "2番目のIndで文字を更新しています例: "

print (String1 )


#文字を削除する
#行

del String1 [ 2 ]

印刷 " 2番目のインデックスで文字を削除する: "

print (String1)

終了:

トレースバック(最後の最後の呼び出し) :ファイル "/home/360bb1830c83a918fc78aa8979195653.py‚"、10行目、String1 [2] =`p` TypeError:`str`オブジェクトはアイテム割り当てをサポートしていませんトレースバック(最後の最後の呼び出し):ファイル" / home / 499e96a61e19944e7e45b7a6e1276742 .py‚"、10行目、del String1 [2] TypeError:`str`オブジェクトはアイテムの削除をサポートしていません

Pythonでのエスケープシーケンス

シングルを印刷する場合二重引用符で囲まれた文字列の場合、文字列にはすでに一重引用符と二重引用符が含まれているため、これらを使用して印刷できないため、SyntaxErrorが発生します。したがって、トリプルクォートを使用してそのような文字列を印刷するか、エスケープシーケンスを使用してそのような文字列を印刷します。
エスケープシーケンスは円記号で始まり、さまざまな方法で解釈できます。文字列を表すために一重引用符を使用する場合は、文字列に存在するすべての一重引用符をエスケープする必要があり、二重引用符についても同じことが行われます。


#Pythonをプログラムする
#エスケープシーケンス
行番号


#開始行

String1 = &#39; &#39;私は&#39;オタク&#39; &#39; &#39; &#39;

print "初期文字列を使用トリプルクォートの数: "

print (String1)


#1つの引用符をエスケープする

String1 = `I`ma "Geek"`

print "Escaping Single Quote:"

print (String1)


#二重引用符の回避

String1 = "I`ma" Geek ""

print "二重引用符のエスケープ:"

print (String1)


#パスを
#エスケープシーケンスを使用

String1 = "C:Pythonオタク"

print "バックスラッシュのエスケープ: "

print (String1)

終了:

トリプルクォートを使用した最初の文字列:I`ma "Geek" Escaping Single Quote:I`ma "Geek" Escaping Double Quotes:I`ma "Geek" Escaping Backslashes:C:PythonGeeks 

注。 文字列の詳細については、

#デモ用のPythonプログラム
#リストを作成する


#リストを作成する

リスト = []

print "Intial blank List:"

print リスト


#リストを作成する
#文字列を使用する < / p>

リスト = [ `GeeksForGeeks` ]

print "Stringを使用したリスト:"

print リスト



でリストを作成します#複数の値を使用します、、Äã‚Äã

リスト = [ "Geeks" "For" "Geeks" ]

print "複数の値を含むリスト:"

print リスト [ 0 ])

print リスト [ 2 ])


#多次元リストを作成する
#(リストをリストに添付する)

リスト = [[ `オタク` ` ` ]、[ `オタク` ]]

print "多次元リスト:"

print List

終了:

最初の空白リスト:[]文字列を使用したリスト:[`GeeksForGeeks`]複数の値を含むリスト:Geeks Geeks Multi-Dimensional List :[[`Geeks`、`For`]、[`Geeks`]] 

リストへのアイテムの追加

アイテムは、 append()組み込み関数を使用してリストに追加できます。 append()メソッドを使用して、一度に1つの要素のみをリストに追加できます。目的の位置に要素を追加するには、 insert()メソッドを使用します。 append()メソッドとinsert()メソッドの他に、要素を追加するための別のメソッド extend()があります。このメソッドは追加に使用されますリストの最後に複数の要素があります。


#デモンストレーション用のPythonプログラム
#リストにアイテムを追加


#リストを作成する

リスト = []

print "初期空白リスト:"

print リスト


#要素を追加する
#リスト内

リスト。追加( 1

リスト 。追加( 2

リスト 。追加( 4

print "3つの要素を追加した後のリスト:" < / p>

print List


#要素を
#特定の位置に追加します
#(insertメソッドを使用)

リスト。挿入( 3 12

リスト。挿入( 0 `オタク`

print "挿入操作を実行した後のリスト:"

print リスト


#複数の要素を追加する
#リストの最後に
#(Extendメソッドを使用)

L ist 。 extend([ 8 `オタク` `常に` ])

print "拡張操作を実行した後のリスト:"

print リスト

終了:

最初の空白リスト:[] 3つの要素を追加した後のリスト:[1、2、4]挿入操作後のリスト:[`Geeks`、1、2、4 、12]拡張操作を実行した後のリスト:[`Geeks`、1、2、4、12、8、`Geeks`、`Always`] 

リストからのアイテムへのアクセス

リストのアイテムにアクセスするには、インデックス番号を参照してください。インデックス演算子[]を使用して、リスト内のアイテムにアクセスします。インデックスは整数でなければなりません。ネストされたリストには、ネストされたインデックスを使用してアクセスします。 Pythonでは、逆シーケンスインデックスは、配列の末尾からの位置を表します。 List [len(List)-3] のようにオフセットを計算する代わりに、単に List [-3]と記述します。負のインデックス付けとは、最後から開始することを意味します。-1は最後のアイテムを示し、-2は最後から2番目のアイテムを示します。


#デモンストレーション用のPythonプログラム
#リストからアイテムにアクセスします



#複数の値を使用するリストを作成する

リスト = [ "Geeks" "For" "オタク" ]



からの要素へのアクセス#番号によるリストpy index

print "リストから要素にアクセスしています"

印刷 リスト [ 0 ])

print リスト [ 2 ])



#ネガティブインデックス

を使用して要素にアクセスしますprint "負のインデックスを使用した要素へのアクセス"


#最後のリストアイテムを印刷

print リスト [ - 1 ])


#リストの最後から3番目の項目を出力します

print リスト [ - 3 ])

終了:

リストから要素にアクセスするGeeksGeeks負のインデックスを使用して要素にアクセスするオタクオタク

リストからのアイテムの削除

組み込みの remove()関数ですが、要素がセットに存在しない場合はエラーが発生します。 Pop()関数を使用して、セットからアイテムを削除して返すこともできますが、 b yデフォルトでは、セット内の最後のアイテムのみが削除されます。リスト内の特定の位置からアイテムを削除するには、アイテムインデックスが引数としてpop()メソッドに渡されます。

注:リストのRemoveメソッドは、探しているアイテムの最初の出現のみを削除します。


#Pythonデモ
#リスト内のアイテムを削除します


#リストを作成する

リスト = [ 1 2 3 4 5 6 < /コード>

7 8 9 10 11 12 ]

print "Intial List:"

print リスト


#リストからアイテムを削除する
#Remove()メソッドを使用

リスト。 remove( 5

リスト .remove( 6

print "2つの要素を削除した後のリスト:"

print

Shop

Learn programming in R: courses

$

Best Python online courses for 2022

$

Best laptop for Fortnite

$

Best laptop for Excel

$

Best laptop for Solidworks

$

Best laptop for Roblox

$

Best computer for crypto mining

$

Best laptop for Sims 4

$

Latest questions

NUMPYNUMPY

psycopg2: insert multiple rows with one query

12 answers

NUMPYNUMPY

How to convert Nonetype to int or string?

12 answers

NUMPYNUMPY

How to specify multiple return types using type-hints

12 answers

NUMPYNUMPY

Javascript Error: IPython is not defined in JupyterLab

12 answers


Wiki

Python OpenCV | cv2.putText () method

numpy.arctan2 () in Python

Python | os.path.realpath () method

Python OpenCV | cv2.circle () method

Python OpenCV cv2.cvtColor () method

Python - Move item to the end of the list

time.perf_counter () function in Python

Check if one list is a subset of another in Python

Python os.path.join () method