PHP Array_reduce()関数

|
構文
 array_reduce($ array、own_function、$ initial)
パラメーター:
関数は3つの引数を取り、以下で説明します。
  • $ array(必須):これは必須のパラメーターであり、縮小する必要のある元の配列を参照します。
  • own_function(必須): thisパラメータも必須であり、$arrayの値を格納するために使用されるカスタム関数を参照します
  • $ initial(オプション):このパラメータはオプションであり、関数に送信されます。
  • 戻り値:この関数は、縮小された結果を返します。 int、float、stringのいずれでもかまいません。例:
    入力:$ array =(15、120、45、78)$ initial = 25 own_function()は2つのパラメーターを受け取り、それらを区切り文字として「and」と連結します。出力:25と15と120と45と78の間入力:$ array = array(2、4、5); $ initial = 1 own_function()は2つのパラメーターを受け取り、それらを乗算します。出力:40 
    このプログラムでは、整数要素の配列がどのように単一の文字列値に縮小されるかを確認します。選択範囲の最初の要素も渡しました。<? php
    // array_reduce()の使用法を説明するPHP関数関数 own_function( $ element1 $ element2 { return $ element1 "and" $ element2 ; } $ array = array (15、120 、45、78); print_r( array_reduce $ array "own_function" "Initial" )); ?> 出力:
    Initialと15と120と45と78
    以下のプログラムでは、array_reduceは、own_function()を使用して、指定された配列をすべての配列要素の積に減らします。 <? php
    // array_reduce()の使用法を説明するPHP関数関数 own_function( $ element1 $ element2 { $ element1 = $ element1 * $ element2 ; return $ element1 ; } $ array = array (2、4、5、10、100); print_r( array_reduce $ array "own_function" "2" )); ?> 出力:
     80000リンク
    http:// php .net / manual / en / function.array-reduce.php