Pythonのnumpy.poly1d()

| | | | | | | | | | |

これは、古い多項式APIの一部を形成します。バージョン1.4以降、numpy.polynomialで定義された新しい多項式APIが優先されます。違いの概要は、移行ガイドに記載されています。

numpy.poly1d()関数を使用すると、多項式関数を定義できます。したがって、多項式で自然演算を使用するのが簡単になります。

これは、多項式の「自然演算」をカプセル化するために使用される便利なクラスです。コード内の通常の形式。

構文: numpy.poly1d(arr、root、var)
パラメーター:
arr: [array_like]多項式係数は、累乗の降順で指定されます。2番目のパラメーター(root)がTrueに設定されている場合、配列値は多項式の根になります。

root: [bool、optional]Trueは多項式の根を意味します。デフォルトはFalseです。
var:多項式で必要なx、y、zなどの変数[defaultはx]です。

引数:
c:多項式係数。
係数:多項式係数。
係数:多項式係数。
次数:多項式の次数または次数。
o:多項式の次数または次数。
r:多項式の根。
根:多項式の根。

戻り値:多項式と適用された演算