Javascriptのすべての関数

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

jQuery each()は、DOM要素を反復処理するための簡潔な方法です。 Each()メソッドは、ターゲットのjQueryオブジェクトで呼び出されるように設計されています。 jQueryオブジェクトは、1つ以上のDOM要素を含み、jQueryメソッドにアクセスできるオブジェクトです。 each()のエラーが少なくなるだけでなく、複数のDOM要素の操作が簡単になります。

jQuery each()にはコールバック関数が必要です。後で実行される別の関数に渡される関数。コールバック関数では、要素のインデックス番号と要素自体にアクセスします。 コールバック関数のより完全な分析が見つかります。

each()の適用は次のように簡単です。 JavaScriptループはありますが、混乱を招く可能性はほとんどありません。これらの点を明確にし、構文を検討します。このガイドの最後に、jQuery each()を適用するさまざまな方法を確認するためのステップバイステップのコード例があります。

jQueryeach()とは何ですか?

jQueryはそれぞれ、jQueryライブラリのループプロセスです。 DOM要素を反復処理することでJavaScriptループのように機能します。 jQuery each()にはコールバック関数が必要であり、コールバック関数内ではDOM要素を操作できます。

コールバック関数の本体内では、条件ステートメントは次のようになります。選択したアイテムの一部を変更するために使用されます。 条件文はそうです...そしてJavaScriptで。これにより、アイテムの変更方法をより詳細に制御できます。

Syntax jQuery each()

jQueryは、2つの方法で呼び出すことができます。まず、選択したアイテムに対して呼び出されるメソッドとして。コールバック関数は、最大2つのオプションの引数(インデックスと値)を受け入れます。インデックスは、現在のアイテムのインデックス番号です。現在の要素がリストの最初にある場合、インデックス番号は0を返します。

value引数は、現在の要素を参照します。メソッドを値に連結するには、jQueryセレクターで値をラップする必要があることに注意してください。構文の詳細を分解できるように、これらすべてを抽象コードに入れます。

ここでそれぞれを選択します<ページ上でdiv>を表示し、スクロールします。インデックス位置と現在の要素の値にアクセスできます。 $(value)を返すだけで、恐ろしい [Object Object]値が得られます。

[object Object] はオブジェクトの文字列表現であることに注意してください。これは、必要な正確な値を抽出するためにメソッドを呼び出す必要があることを意味します。上記の場合、次のようになります。 text()メソッドを使用して、オブジェクトのテキスト属性を表示します。 [object object]の詳細をご覧ください。 は、正確に何が戻ってきたかを知るために使用します。

上記の例では、各

このように記述すると、現在の

ガイドでは、方向関数の詳細について説明しています。

例jQueryeach()

上記の構文例を拡張してみましょう。いくつかの属性を追加します。さまざまなクラスに属する色のリストの基本的なHTMLレンダリングから始めましょう。

これにより、DOM内のすべてのテキスト要素が作成されます。まず、を使用してテキストをコンソールに保存することから始めます。方向関数と従来の関数。

要素のテキストのみが返されます。

同じ結果が得られますが、thisキーワードを使用します。

無名関数(コールバックのような名前のない関数)を使用できます。ここでも、赤、紫、青のテキストが返されます。指示関数にはいくつかのjQuery機能がありますが、jQueryコールバックには従来の関数表記を使用することをお勧めします。

これで、記事のコレクションを反復処理する方法がわかりました。さあ、色を変えて楽しみましょう!

<スタイル>.colorSelect{色:青; } {。緑色:緑色; }

カラーリストページに続いて、