数学Javascriptランダム

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

Javascriptで乱数を作成するには、 math.random()関数を使用します。 JavaScript math.random()は、0から1までのランダムな10進値を生成します。この関数は引数を取りません。 1より大きい乱数を取得するには、必要に応じて結果を乗算するだけです。

プログラミングでは、乱数を取得する必要がある場合がよくあります。たとえば、パズルを作成して、ユーザーがプログラムを実行するたびにプログラムで乱数を生成するようにすることができます。または、関数をランダムな回数実行したい場合があります。

ここで、Math.random()JavaScript関数が登場します。Math.random()は、次のような組み込みメソッドです。 JavaScriptで乱数を生成するために使用できます。この関数は0(両端を含む)から1(除外)までの値を返しますが、Math.floor()という別の関数を使用して、数値をランダムな整数に変換できます。

このチュートリアルでは、JavaScriptのランダムな数値生成の基本を探り、コードでMath.random()関数を使用する方法について説明します。

JavaScriptMath Refresher

JavaScriptMathオブジェクト開発者に、数値に対して実行できる一連の数学関数を提供します。これらの関数には、数値の絶対値の返し、数値の丸め、数値の平方根の計算などが含まれます。

Mathオブジェクトは、JavaScriptのNumberデータ型で機能します。これは、JavaScriptプログラムでのMathオブジェクトの外観です。

Math.functionName();

最も多いものの1つMathライブラリの便利な関数(このチュートリアルの後半で使用する関数)は、Math.floor()関数です。このメソッドを使用して、最も近い整数またはそれより低い整数に丸められた値を返すことができます。動作中のMath.floor()メソッドの例を次に示します。

console.log(Math.floor(5.7));

コードは次の値を返します。5。処理された関数のMath.floor()の数は、より低く丸められています。 、そのため、プログラムは「6」ではなく「5」を返しました。

同様に、Math.round()関数を使用して数値を切り捨てることができます。これはMathの例です。 .round()関数の動作:

console.log(Math.round(5.7));

コードは:6。 Mathオブジェクトには、数値を操作するために使用できる他の多くの数学関数が含まれていますが、JavaScriptのランダムな数値を生成するには、Math.floor()とMath.random()。

JavaScript Math.random()

JavaScript math.random()は、0(包括的)から1(排他的)までのランダムな数値を返します。 )。 Math.random()関数は、疑似乱数浮動小数点数を返します。これは、小数点以下1桁が含まれることを意味します。 Math.random()メソッドの構文は次のとおりです。

Math.random();

これが乱数を出力するために使用されるconsole.log()の例:

プログラムは次を返します:

0.022831222528214346

ご覧のとおり、プログラムは0から1までの乱数を返しました。ただし、この数は非常に少なく、乱数を必要とする多くのアプリケーションは、より大きな数を生成したいと考えています。ここで、Math.floor()関数が役立ちます。

Math.floor()関数を使用して、ランダムな数値を丸めてランダムな整数にし、それを乗算できます。より大きなものを生成することによって数。 JavaScriptでの乱数生成関数の例を次に示します。

プログラムを3回実行した後の結果は次のとおりです。

ご覧のとおり、プログラムは乱数を生成しました。上記の例では、 "* 10"を使用してより大きな数を生成しました。この関数は、 "1""10。"の間の数値を取得するのに役立ちます。より大きな数値が必要な場合は、次のように倍数を変更できます。
< / p>

プログラムを3回実行した後、次の数値が生成されました。

つまり、加算セットを作成し、加算の合計を理解するために、「1」と「100」の間に2つの乱数を生成するとします。 。次のコードを使用して、乱数を生成できます。

プログラムは次を返します:

93 + 56とは何ですか?

上記の例では、最初にMath.random()関数を使用して2つの乱数を生成しました。そこで、ユーザーに"[最初の数値]+[2番目の数値]とは何ですか?"

2つの値の間のJavaScript乱数「Äã‚Äã<」を尋ねるステートメントを出力しました。 /h2>

Math.random()には引数が含まれていません。つまり、この関数を使用して2つの値の間の数値を生成することはできません。ただし、2つの値の間でランダムな数値を生成できるカスタムメソッドを作成することはできます。

さらに高度な1つについては、100から200までの2つの数値を生成する加算ゲームを作成するとします。 。

これらの数値を生成するために使用できる関数の例を次に示します。

プログラムを3回実行すると、次の値が返されます。

ご覧のとおり、プログラムは100〜200の乱数を生成します。プログラムを分析して、どのように機能するかを詳しく見ていきましょう。 。

最初の行で、 "generateRandomNumber()"という関数を定義します。この関数は、範囲の最小値と最大値の2つの引数を取ります。乱数が生成される数の。次の行では、Math.random()関数を使用してランダムな数値を生成し、 "max"変数と"min"変数を使用して生成する値は範囲内です。

最後の行で、generateRandomNumber()関数を呼び出し、値「Äã‚Äã100」と「200」を渡します。したがって、プログラムを実行すると、 100から200までの数値。

結論

JavaScript関数Math.random()を使用して、0(含まれる)の間の乱数を生成できます。 1(排他的)次に、Math.floor()関数を使用して、必要に応じてより大きな数を生成できます。

このチュートリアルでは、JavaScript Mathライブラリの基本を調べ、その方法を説明しました。 Math.random()メソッドを使用して乱数を生成します。2つの値の間で乱数を生成するために使用できるカスタム関数も作成しました。

これで知識が得られましたエキスパートのようにJavaScriptで独自の乱数を生成します!