javascript get url

| | |

window.location値は、ブラウザで表示しているURLを表します。この値をオーバーライドして、別のJavaScriptURLに移動できます。これは、ユーザーを別のページにリダイレクトする場合に役立ちます。設計()または置換()メソッドを使用することもできます。

ユーザーを別のWebサイトまたは更新されたパス名にリダイレクトする理由はいくつかあります。ほとんどの場合、クライアントがサイトにログインしている場合は、ユーザーの権限に基づいてリダイレクトできます。この記事では、JavaScriptを使用してWebページでこれを行う方法を見ていきます。従来のJavaScriptブラウザAPI

JavaScript Go to URL

を使用すると、新しいURLに移動できます。次のメソッドを使用して、新しいURLにアクセスできます。..

  • document.locationに新しい値を割り当てる
  • window.assign()を使用する
  • window.replace()メソッドの使用。

これらの3つのメソッドは、別のURLに移動する目的にも役立ちます。これらの各メソッドを見てみましょう。

JavaScriptwindow.location値

新しいURLにアクセスするには、ブラウザ履歴APIロケーションオブジェクトを使用します。セッション履歴を使用すると、ロケーションオブジェクトを新しいURLに再割り当てしたり、同じオブジェクトでhrefプロパティを使用したりできます。

このアプローチの構文は次のとおりです。

"url"は、ユーザーにアクセスしてほしいURLを表します。このコード行が実行されると、JavaScriptリダイレクトが開始されます。これにより、Webブラウザのユーザービューページが変更されます

例としてこのメソッドを見てみましょう。

handleClick()を実行すると、コードはJavaScriptコンソール命令をログに記録します。次に、コードは新しいURLにリダイレクトします

JavaScriptウィンドウロケーションメソッドの使用方法..割り当て()

ロケーションオブジェクトにはassign()と呼ばれるリダイレクトメソッドがあります。このメソッドは、現在のURLに割り当てられたURLを割り当て、ストーリースタックに追加します。

履歴のスタックは、アクセスしたページを表します(ページに戻ることができる「矢印」を考えてください)

次の構文を検討してください。

最後の例とは異なり、次のことを行う必要はありません。 JavaScript変数(ウィンドウ。場所)に値を割り当てます。メソッドを使用して、ユーザービューのWebページを変更します。

ストーリースタックi ■戻るボタンまたは進むボタンをどこに配置するかをブラウザが記憶する方法。

この方法の完全なPLEレビューを見てみましょう。

別の方法にリダイレクトする場合同じサイトのページで、場所にあるオブジェクトのパスのnameプロパティを使用します。

JavaScriptウィンドウ。 location.replace()

ユーザーが[戻る]ボタンを使用して前のサイトに戻ることができるかどうかを制御するオプションがあります。

replace()メソッドを使用すると、ナビゲートできます。ユーザーがサイトにアクセスし、前のページに戻らないようにします。一方、Assign()メソッドは、以前に表示したページをブラウザの履歴に保存します。次に、conassign()は最後にアクセスしたページを表示できます

replace():メソッドを見ていきます。

()を尋ねるのと同じように、()を置き換えることはメソッドです。このメソッドは1つの引数を取ります:ユーザーを誘導するURLで

カスタム関数でreplace()メソッドを使用して、メソッドが次の場合にユーザーに表示されるURLを変更できます。