Javascriptの比較日

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

コーディングの問題を解決するためにできることの1つは、Dateオブジェクトを使用して、日付と時刻をコード内の特定のロジックと条件付きで比較することです。この記事では、dateオブジェクトを使用して2つの日付を比較し、次の(または前の)日付を確認する方法について説明します。

JavaScriptには、アクセスメソッドを使用できる組み込みのデータオブジェクトがあります。タイムスタンプベースのロジックを実行するのに役立ちます。構成するには、次のコードをエンコードして新しい日付をインスタンス化します。

console.log(date)と入力した場合、時刻(Tの後の部分文字列)デフォルトでは、住んでいる場所によって異なります。 UTCを使用する場合は、Zを削除し、 + HH:MM または-HH:MMを追加します。

次のセクションでcompare関数を使用する場合は重要です。

次に、日付コンストラクターを使用するときに提供されるメソッドを確認します。そのようなメソッドの1つは、 getTime()です。このメソッドを使用して、日付オブジェクトを数値に変更し、簡単に比較できるようにします。

この特定のメソッドは、日付をエポックの開始(1月に開始されたエポック)からのミリ秒数に変換します。 1、1970)。 getTimeメソッドは次のとおりです。

日付は新しいDateオブジェクトとしてインスタンス化されるため、ドット表記を使用してgetTime関数にアクセスできます。

次のドキュメントを確認することをお勧めします。ロジックのDateオブジェクトで使用できるすべての異なるタイプのメソッド。これで、プロンプトに直面する準備が整いました。

プロンプト

2つの文字列と比較演算子を指定すると、指定された演算子に応じて、より短いまたはより長い日付。渡された2つの文字列をデータオブジェクトに変換できることが保証されます。

解決手順

  1. 変更両方の文字列を新しいデータオブジェクトに渡します。日付コンストラクターでパラメーターを渡す方法を検討することを忘れないでください!
  2. getTime()を使用して、経過したミリ秒数を作成します1970年1月1日以降。
  3. 条件付きまたは3値のステートメントを使用して、過去の比較演算子で示される必要な日付を計算します。
  4. ミリ秒を読み取り可能な日付文字列に変換し、それを返します。

自分で解決してみてください解決策を参照してください!