JavascriptでJavaマップにアクセスする

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

プログラミングでは、データ型は特定の種類のデータを分類するために使用されます。データのタイプはそれぞれ異なり、値が格納されるデータのタイプによって、その値に対して実行できる操作が決まります。

Javaで作業する場合、1つのクラスを使用できます。出くわすのはJavaHashMapクラスです。このクラスはコレクションフレームワークの一部であり、開発者はMapデータ型を使用してデータを保存できます。

このチュートリアルでは、Java HashMapの基本、HashMapの作成方法、および主要なものの調査について説明します。 。これは、HashMapクラスを操作するときに使用できます。この記事では、HashMapクラスをより詳細に説明できるように、例を参照します。

JavaMapsとHashMap

Java Mapインターフェースは、マップ値を格納するために使用されます。キー/値のペアで。キーは、特定の値に関連付けられた一意の値です。 Javaでは、マップに重複するキーを含めることはできず、各キーを特定の値に関連付ける必要があります。

Mapによって提案されたキー/値の構造により、キーに応じて値にアクセスできます。したがって、キー gbpと値UnitedKingdom のカードがある場合、キー gbpを参照すると値"UnitedKingdom ”が返されます。

HashMapクラスはコレクションフレームワークの一部であり、Mapインターフェイスとハッシュテーブルを使用してデータを保存できます。ハッシュテーブルは、キーを保存するために使用される特別なコレクションです。 value要素。

HashMapを作成する前に、まずHashMapパッケージをインポートする必要があります。Javaプログラムで行う方法は次のとおりです。

import java.util.hashmap;

これで、HashMapパッケージがインポートされました。 JavaでHashMapの作成を開始できます。

HashMapを作成する

JavaでHashMapを作成するには、次の構文を使用できます。

HashMap map_name = new HashMap (capacity、loadFactor);

基本的なコンポーネントに分解しましょう:< br>

  • HashMap は、ハッシュマップを宣言することをコードに通知するために使用されます。
  • は、キーと値のデータタイプをそれぞれ格納します。
  • map_name は、宣言したハッシュマップの名前です。
  • new HashMap < KeyType、ValueTyp e> は、指定したデータ型でHashMapを初期化するようにコードに指示します。
  • 容量は、格納できるエントリの数をコードに指示します。デフォルトでは16に設定されています。(オプション)
  • loadFactor は、ハッシュテーブルが特定の容量に達すると、元のハッシュに対して2倍のサイズの新しいハッシュテーブルであることをコードに通知します。テーブルを作成する必要があります。デフォルトでは、0.75(または容量の75%)に設定されています。 (オプション)

現地の通貨交換会社向けのプログラムを作成しているとします。彼らは、国の名前と交換サービスを提供する通貨コード。HashMapを使用する場合は、国名と通貨コードの2つを一緒に保存する必要があるため、このデータを覚えておくことをお勧めします。

この目的でHashMapを作成するために使用するコードは次のとおりです。

この例では、 currencyCodesというHashMapを宣言しています。これは2つの文字列値を格納します。HashMapができたので、要素と操作の追加を開始できます。そのコンテンツを評価します。

HashMapクラスは、データの保存と操作に使用できるaw範囲のIdeメソッドを提供します。 put()メソッドは、キー/値構造を使用してHashMapに値を追加するために使用されます。

外貨両替に戻ります。プログラムにGBP / United Kingdom エントリを追加するとします。このエントリには、英国の通貨値が格納されます。この例では、キー GBPは値UnitedKingdomにマップされます。次のコードを使用してこれを行うことができます:

このコードでは、 currencyCodes というハッシュマップを初期化し、put()メソッドを使用してハッシュマップにエントリを追加します。このエントリには、キー GBPと値UnitedKingdomがあります。次に、HashMap値を出力します。これは次を返します。

{GBP = UK、USD = US}

ご覧のとおり、HashMapにはGBP=UKとUSD=UnitedStatesの2つの値が含まれています。

要素へのアクセス

HashMapの要素にアクセスするには、get()メソッドを使用できます。 >getメソッドは、取得する値のキーの名前という1つのパラメーターを取ります。

GBPに関連付けられている国の名前を取得するとします。次のコードを使用してこれを行うことができます:

コードが返されます:英国。

アイテムを削除

remove()メソッドは、HashMapからアイテムを削除するために使用されます。 remove()は、エントリを削除するキーの名前という1つのパラメータを取ります。

HashMapからGBPを削除するとします。このコードを使用してそれを行うことができます:

コードを実行すると、 GBP がHashMapから削除され、次の応答が返されます:{USD = United States}
< / p>

さらに、clear()メソッドを使用して、HashMapからすべてのアイテムを削除します。 clear()はパラメーターを取りません。動作中のclear()メソッドの例を次に示します。

コードは空のHashMapを返します: {}

HashMap要素を置き換えます

Replacement()は、特定のキーに関連付けられた値を新しい値に置き換えるために使用されます。 replace()は、置換する値のキーと、古い値を置換する新しい値の2つのパラメーターを取ります。

たとえば、値を置換するとします。 HashMapにイギリスを含むイギリス。次のコードを使用してこれを行うことができます:

コードを実行すると、 GBP キー(この場合は United Kingdom )の値は次のようになります。 Great Britain に置き換えられ、プログラムは次を返します。

{GBP =イギリス、USD=米国}

HashMapを介して反復

JavaでHashMapを参照することもできます。HashMapを反復するために使用できる3つのメソッド:

HashMapを反復処理する最も簡単な方法は、 for-each ループを使用することです。Javafor-eachループについて詳しく知りたい場合は、次のようにします。ここでこのトピックに関するチュートリアルを読むことができます。

コンソールのcurrencyCodes、HashMapに各値を出力して、通貨変換会社を表示したいとします。 `それが提供する通貨のリストはsですHashMapで引き裂かれました。これを行うには、次のコードを使用できます。

コードを実行すると、次の応答が返されます。

イギリス

米国

このコードでは、 for-each ループを使用して、 currencyCodes .values、Äã‚Äã()。次に、各要素を新しい行に出力します。

各キーを繰り返し処理してHashMapに各キーの名前を出力する場合は、値「コード」を置き換えることができます。 >()と上記のコードのkeySet()。これが私たちのプログラムが返すものです:

GBP

USD

結論

Java HashMapクラスは、キー/値コレクション構造を使用してデータを格納するために使用されます。この構造は、相互に関連付ける必要のある2つの値を格納する場合に役立ちます。

このチュートリアルでは、HashMapの基本について説明しました。 HashMapを作成する方法を示し、実際の一般的なHashMapメソッドの例をいくつか紹介しました。これで、エキスパートのようにJavaHashMapを操作するために必要な情報を入手できます。