javascript関数

| | | | | | | |

JavaScript関数は、再利用できるコードのカスタムブロックです。これらの関数を使用すると、コードをよりモジュール化でき、オブジェクト指向プログラミングに不可欠です。関数はステートメントまたは式で定義できます。

JavaScript を学びたい場合、および基本的に、JS関数は間違いなくあなたが知る必要があるものです。プログラミング言語での作業に時間を費やしたことがあれば、関数が複雑なプログラムの構成要素であることは知っているでしょうが、それらがどのように機能するかを知らないかもしれません。関数を使用すると、コードを複数回繰り返すのではなく、一般的なプロセスに対して1回記述することができます。

関数は、アクションを実行し、値を返すことができるコードのブロックです。関数はニーズに合わせてカスタマイズでき、コードをより効率的でモジュール式にするために使用できます

このチュートリアルでは、基本的な関数について説明します。関数の定義方法、関数の呼び出し方法、およびそれらがいつ役立つか。

JavaScript定義関数の使用方法

JavaScript関数を定義するには、宣言と式の2つの方法があります。関数を定義するための宣言メソッドから始めましょう。

JavaScript関数宣言

関数宣言は、呼び出される関数を定義します。このタイプの関数を定義するには、関数キーワード でコードを開始し、その後に関数の名前を続ける必要があります。次に例を示します。

関数名は変数と同じ規則に従います。関数名は、使用、アンダースコア、leers番号を使用でき、キャメルケースで記述されることがよくあります。次に、変数名の後に、オプションのパラメーターを保持できる一連の括弧を含めることができます。これについては、この記事の後半で説明します。

次に、またはfor ifステートメントのように、関数コードは中かっこで囲みます。 Googleをコンソールに出力する関数の例を次に示します。

JS printGoogle()内には、関数が呼び出されたときに実行される console .log()ステートメントがあります。 。ただし、関数を呼び出すまでは何も起こりません。関数を呼び出したい場合は、次のコードを使用できます。

ここで、コードを1つの関数にマージしてから、次のように呼び出します。

この関数の出力はGoogleになります。printGoogle()が呼び出されると、この場合は最後の行に結果が返されます

これで印刷コードが完成しました。printGoogle()関数を呼び出すことで、何度でも実行できます。

JavaScript式関数

関数を宣言する別の方法は、関数式を作成することです。これを行うには、変数に関数を割り当てます

Let’。 Sは上記と同じ例を使用します。関数自体を宣言する代わりに、関数を変数に割り当てることができます。次に例を示します。

この式を呼び出すには、式を実行するたびにコード google()の行を追加します。

関数を宣言する2つの方法がわかったので、そのプログラミング関数をカスタマイズする方法を探ります。上記のコードでは、コンソールにGoogle を出力する関数を作成しました。

Facebookなどの別の名前を印刷するには、コードを変更する必要があります。 Webサイトにアクセスするユーザーに希望の会社名を入力してコンソールに印刷してもらいたい場合、関数は機能しません。

したがって、パラメーターを使用する必要があります。 JS関数にnameパラメーターを追加すると、関数を介してコンソールに名前を出力できます。次に例を示します。

関数名はprintCompany()で、パラメーターは nameと呼ばれます。その後、JavaScript関数でパラメーターを呼び出すことができます。上記の例では、nameパラメーターを使用して、コードの console.log()行に出力される内容を変更しています

ただし、まだ名前を定義していません。パラメータを定義するには、JavaScript関数を呼び出すときに値を割り当てる必要があります。お気に入りのビジネスはSnapchatです。関数を呼び出し、関数呼び出し内に引数として会社名を挿入します。

例は次のとおりです:

を使用してprintCompany()関数を呼び出します

このコードを実行すると、次のように出力されます。

たとえば、 printCompany()を使用して関数を呼び出し、括弧内に名前を付けます。これで、関数を異なる名前で複数回再利用できるようになりました。

必要な数のパラメーターを使用して、それらを順番に参照できることに注意してください。以下に実際の動作を示す例を使用します。

戻り値、Äã‚Äã

これまでの例では、値を返していません。これの代わりに、コンソールにテキストを印刷しました。ただし、関数を使用すると、処理するパラメーターを割り当てて、 return宣言の内容に基づいて値を返すことができます。

これは、2つを追加する関数の例です。数字と合計を示します:

このプログラムでは、関数が呼び出され、2つの数値が関数から渡されます。この関数を実行すると、前の例の最後の行で、応答 3を受け取ります。パラメータリストはカンマ区切りです

プログラムは1と2を追加し、名前はパラメータfirstsecondsを入力し、それらをコードに返します。これらの値を確認したい場合は、 addNumbers(1、2)を呼び出す行の前後にconsole.log()を追加できます。

関数の下

ECMAScript 6には、矢印関数と呼ばれる関数を定義するためのより簡潔な方法があります。これらは、次の式で表されます。 =>

これらの関数は、関数式の一種です。動作中の方向関数を示す例を見てみましょう。

を記述する代わりに、矢印記号を使用して、関数を宣言していることを示すことができます。指示関数と通常の関数の間にはいくつかの微妙な違いがありますが、ほとんどのユースケースでそれらを知る必要はありません。

、それらの周りに括弧は必要ありません。また、変数を操作しない場合は、変数が宣言される場所に空の括弧()のセットを含める必要があります。 。