Javascriptで改行する方法

| | | | | | | | | | | |

疑似要素を使用して
ブレークリターンを使用しなくても、HTML要素に改行を追加できます。疑似要素は、要素の特定の部分をモデル化するために使用されます。ここでは、::afterを使用してHTML要素のスタイルを設定して改行を追加します。


上記のコードでは、 :: after疑似要素を使用します。各インライン要素(スパンで表される)で、テキストスパンの行の後にキャリッジリターン(「a」で表される)を追加します。この場合の::after には、使用可能なcontentプロパティと空白プロパティがあります。

「content」プロパティは、期間に挿入するものを記述します。空白プロパティは、空白を保持する必要があるかどうかを示します。この特定のプロパティを無効のままにしても、ベイのインラインロック機能に干渉することはありません。したがって、この特定のプロパティを追加して置き換える必要があります。

スタイルとレイアウトをどんどん遊んでいくと、上記の解決策が必ずしも最良の解決策ではないことがわかるでしょう。背景と一緒に任意の種類のパディングを追加すると、これらのCSSプロパティは、背景が入る場所でフェードする傾向があることがわかります。ポイントを示す以下のサンプルコードを参照してください。 DOCTYPE html>

教授Dumbledore

教授McGonagall

教授ローグ

教授トレローニー

これと同様の結果をもたらす他のソリューション-背景は前の行から始まり、次の行の正しい背景テキストでキャリッジリターンを実行します。上記のspanクラスに追加して同様の結果を得ることができるboxdecorationbreak:clone CSSプロパティを覚えていますが、実際には希望する結果が得られません。

<などのブロックで要素を使用するcode>

または