Javascriptでユーザー入力を取得

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

スキャナークラスは、Javaユーザー入力を読み取るために使用されます。 Java Scannerはjava.utilパッケージに組み込まれているため、使用するために外部ライブラリは必要ありません。スキャナーは標準入力からテキストを読み取ります。このテキストはメインプログラムに返され、保存または操作できるようになります。 Javaでユーザー入力を取得する方法を理解することは不可欠なスキルです。たとえば、ログインフォームを使用してアプリを作成しているとします。転送されたユーザーのログイン情報のユーザー入力を管理する必要があります。

Javaでは、 Scanner クラスを使用して、プログラムで処理できるユーザー入力を受け取ることができます。 。このチュートリアルでは、いくつかの例を使用して、JavaScannerクラスを使用してユーザー入力を受け取る方法について説明します。

JavaScannerクラス

JavaScannerクラスは、ユーザー入力を収集するために使用されます。 Scannerはjava.utilパッケージの一部であるため、外部ライブラリをダウンロードせずにインポートできます。スキャナーは標準入力からテキストを読み取り、それをプログラムに返します。

スキャナークラスを操作するには、最初にテキストをコードにインポートする必要があります。これを行うには2つの方法があります。

  1. java.util.Scanner クラスを操作する必要がある場合は、Scannerクラスを直接インポートできます
  2. java.util ライブラリ内の他のモジュールを使用している場合は、ライブラリ全体をインポートできます。

以下のコードは上記の各プロセス:

コードの最初の行は、スキャナークラスをインポートします。コードの2行目は、スキャナーを含むすべてのパッケージをjava.utilライブラリにインポートします。

Javaでユーザー入力データを受信する方法は他にもあることに注意してください。 Java BufferedReader、InputStreamReader、DataInputStream、およびコンソールクラスを使用できます

ただし、スキャナーコースは、Javaでユーザーから入力を収集する最も一般的な方法です。したがって、この記事ではこのクラスに焦点を当てます。

Javaユーザー入力構文

スキャナークラスを使用して、ユーザー入力を収集できます。スキャナークラスは、ユーザーがコンソールに入力したテキストを読み取り、そのテキストをプログラムに送信します。スキャナーは、ユーザー入力を収集するJavaの主要なメソッドです。

JavaScannerクラスをインポートした後、スキャナーを使用してユーザー入力を収集できます。 Javaスキャナークラスの構文は次のとおりです。

この例では、ユーザーがコンソールに入力する次の値を収集する input という変数を作成したため、Numberという変数を作成しました。 ユーザーがコンソールに送信する値を収集します。

javaユーザー入力の例

たとえば、追跡するローカルマシン用のアプリケーションを作成するとします。彼らの在庫の。マネージャーは、ストアの在庫リストにアイテムを追加するために使用できる簡単なプログラムを作成するように依頼しました。 Il manager vuole poter insert due valori:il nome dell`articolo elasuaquantità。

Ecco il codice che useremmo per creare questo programma:

Il primo input accettiamo il nome dell `記事。アイテム名はテキストモードであり、さまざまな文字を使用しているため、文字列になります。以下のコードでは、この文字列を次のコードで定義します: String product_name

次のエントリは、アイテムの数量です。数字になります。以下のコードでは、この数値を次のコードで定義しています。 quantity int 、ここで intは整数を表します。

コードを実行すると値の例を入力すると、プログラムは次の応答を返します。

製品名:MacBook Pro201915インチ

入力した値:MacBook Pro 2019 15インチ

数量:7

値の入力:7

できる限りほら、私たちのプログラムはユーザー入力を集めました。次に、ユーザーがコンソールに入力した値が返されます。これにより、プログラムが機能することを確認できます

Javaの使い方スキャナープログラムは機能します

コードを段階的に分析します。

  1. ユーザー入力を受け取ることができるように、スキャナーライブラリをコードにインポートします。
  2. プログラムのコードを格納するmainというクラスを宣言します
  3. Scanner input = new Scanner(System.in)を使用してスキャナークラスを初期化します。エントリJava変数ストア初期化されたスキャナー
  4. コンソールに「productname:」を出力し、inputを使用して製品名を送信するようユーザーに依頼します.next();。
  5. ユーザーが送信した製品の名前のみをcに印刷します
  6. 印刷します< em>数量:コンソールで、エントリを使用して在庫のある製品の数量を送信するようにユーザーに依頼します。 nextInt()。
  7. 数量の値をコンソールに出力します

注意してください。番号とチャネルの収集に別のコードを使用しました。商品名を収集するときはinput.next(); を使用し、商品の数量を収集するときは input.nextInt();を使用しました。

Javaスキャナー:入力タイプ

上記の例では、文字列と整数の2種類のユーザーデータを収集しました。前述のように、これらのタイプのデータを収集するには、さまざまなコードを使用する必要がありました。

文字列や整数など、さまざまなタイプのデータには、個別のメソッドが適用されます。したがって、ブール値を収集するには、フロートを収集するために使用するコードとは異なるコードを使用します。

これは、Scannerクラスを使用してJavaでユーザー入力を収集するために使用されるすべてのメソッドを示す表です。

メソッドプロセスが収集する値のタイプ
nextBoolean() boolean
nextByte() バイト
nextDouble()からdouble
nextFloat() float
nextInt() int
nextLine()文字列
nextLong() long
nextShort() short

間違った入力タイプを入力すると、プログラムはInputMismatchExceptionをスローします。たとえば、ブール値を収集するフィールドにdoubleを挿入しようとすると、プログラムは例外をスローします。

ブール値を収集する

どちらもコンピュータストアにアクセスします。最初にプログラムを更新し、商品が展示されているか在庫がある場合にコンピュータストアマネージャーが参加できるようにしたいとします。

これを行うには、 on_display は、入力をブール値として格納します。これは、trueまたはfalseの2つの値しか持てないためです。

このデータを収集するために使用できるコードは次のとおりです。

コードを実行してサンプル値を入力すると、プログラムは次の応答を返します。

製品名:15インチMacBook Pro 2019

<コード>入力された値:MacBookPro15インチ2019

<コード>数量:7

入力値:7

表示:true

入力値:true >

私たちのプログラムは前の例と同じように機能します。ただし、今回はユーザーからより大きな価値を収集します。ユーザーがプログラムに含めた製品が画面に表示されている場合です。 nextBoolean()メソッドを使用して、ユーザーからこの値を取得します。次に、この値をコンソールに出力します。

結論

Collectユーザーからの入力で、JavaのScannerクラスを使用できます。 Scannerクラスは、短い値、文字列、ブール値など、ユーザーからさまざまなデータ型を収集できます。

このチュートリアルでは、いくつかの例を使用して、JavaScannerクラスを使用してユーザー入力を収集します。さらに、ユーザー入力を収集するために使用できるスキャナークラスによって提供されるさまざまなタイプのデータについて説明しました。

Javaでのコーディングの詳細については、Javaコーディングのガイド