マップ機能を理解する

| |
  map(function、iterable、...) 

iterableのすべての項目に関数を適用し、結果のリストを返します。追加の反復可能引数が渡された場合、関数はその数の引数を取る必要があり、すべての反復可能引数からの項目に並行して適用されます。

1つの反復可能オブジェクトが別の反復可能オブジェクトより短い場合、Noneアイテムで拡張されたと見なされます。

関数がNoneの場合、恒等関数が想定されます。複数の引数がある場合、 map()は、すべての反復可能オブジェクトからの対応する項目を含むタプルで構成されるリストを返します(一種の転置操作)。

反復可能な引数は、シーケンスまたは任意の反復可能なオブジェクトです。結果は常にリストになります。

これはカルテシアン製品の作成においてどのような役割を果たしますか?

  content = map(tuple、array) 

タプルをどこかに置くとどのような効果がありますか?また、map関数がない場合の出力は abc であり、ある場合は a、b、cであることに気付きました。

完全にやりたいこの関数を理解してください。参照定義も理解しにくいです。派手な綿毛が多すぎます。